健康寿命の延伸とぼくたちの未来」 ブレリズム認定講師DiSK

「健康寿命の延伸とぼくたちの未来」

DSC_0341

こんにちは。ブレリズム認定講師のDiSK(ディスク)です。

このたびようやく認知症予防のダンスレッスンカリキュラムとして「ブレリズム」を発表することができました。

「ブレリズム」は健康寿命の延伸を目的とした「ダンス運動」です。年齢、運動能力に合わせて脳の海馬を刺激するステップと脳の集中(脳トレ)を原理としたデュアルタスク(多動作運動)です。デュアルタスクを行うことで、脳の記憶をつかさどる海馬を刺激しながら、実行機能を持つ前頭葉を鍛えることができると言われています。(愛知県・国立長寿医療研究センター発表)

そこに音楽というリズムワークを加えることで軽度のストレスを脳に与えることにより、より深く海馬に刺激を与え、課題に取り組むという持続性のあるトレーニングとなっています。

11188339_844765522266975_6607431388710118198_n

東京大学医学部附属病院、老年病科の岡本先生と。

全国の認知症患者数は450万人以上。さらにその前段階とされる軽度認知障害者数は全国400万人と推計されています。今では毎日のようにTVやニュースで議題が取り上げられており、認知症は日本の高齢化社会の問題として、またいまだ明確に解析されていない脳のメカニズムとしても大きな問題となっています。

僕たちは医者ではありません。

ブレリズムは「認知症を治す」「ボケ改善」などの治療を目的とした活動ではありません。認知症について正しい知識を学び、毎日の健康を維持することで少しでもご家族との幸せな時間を増やすことができれば、そして「ダンス」を通じて孫、子供、親、さらにその親と世代を超えてつながることができればという思いでこの団体を立ち上げました。

あなたがもし明日、子供の名前を忘れてしまったら。

あなたがもし明日、母親に名前を忘れられてしまっていたら。

幸せな時間を1秒でも長く、大切にすごしたい人がいるならば「健康」であり続けるということを忘れないでいてください。

チャレンジプラステン スペシャルアドバイザー・ブレリズム認定講師

藤井 大裕(DiSK)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る