ダンスの新たな可能性。 ダンスで豊かな人生を歩むために、、

スポーツとダンスの違いって何でしょうか

身体を動かして何かをする時点では同じです。

が、決定的に違う点は音楽があるか無いかという事。

そして、音楽に合わせて身体を動かす、身体で一定のリズムを刻む、という事はある種独特の高揚感、
また病み付きになる美味しいお酒のような常習性を持っています。

とは言え、それはとても身体によい常習性であり、人体の本能に近い欲求であると思っています。

古来より人は音楽に合わせて踊ってまいりました。

音楽に合わせて踊る、
という事は理屈では語れない魔力があるのです。

その魔力、ぜひ皆さんにも知って頂きたい、、

現代社会には様々なダンスが溢れていますが、最も原始的なリズムダンスの心地良さはどこで生まれるか、

それは突き詰めると
3つ

・頭(眉間)
・胸(心臓)
・腰(下丹田)

です。

その3点から派生して手足があるのですが、根本はこの3点。

この3点に音楽を通す、
あるいはリズムを刻む、
という事をすると、人は独特の心地良さを感じる事が出来ます。

これがダンスです。

脳内活性化の為に様々なアプローチ方法があるかと思いますが、

ダンスに置いて言えば、
この心地良さを得ることが最も根本であり、1番の脳内活性化につながると思っております。

ブレリズムではこの心地良さを手軽に得られる方法、またそれに加えて少し複雑な動作を入れる事により、
単純なリズムの心地良さに、
さらなる脳内活性化を付随していく事をお伝えしていこうと思っております。

また、ダンスとは
究極の参加型エンターテイメントであると考えます。

ダンスとは見る事も楽しいですが、
踊るアホウに見るアホウ、、、

という諺(ことわざ)にもあるように、

ダンスとは自分が踊ってみる、自分が参加してみる事で始めて本当の魅力を発揮するのです。

そして、誰でも出来るのです。
これが最大のポイントです。

ダンスジャンルにもよりますが、
スポーツと違う点として
リズムダンスには正解がありません。

正解が無いので各々が好きなようにやってOKであり、
各々の行うダンスが正解であります。

だから老若男女問わずダンスは出来るのです。

0歳児~100歳以上まで。

どんな世代の方でもダンスは楽しめる、と私は信じています。

そしてダンスをすることでより良い人生になると信じています。

ぜひ、この参加型エンターテイメントの魅力の虜になって頂きたいと思います。

ブレリズムにはそんな魅惑の世界の入り口でもあると考えます。

認知症予防に合わせて、ぜひ新しい世界に踏み出してみて下さい。

ダンスで豊かな人生を歩む、
ダンスで幸せになる。

それがダンスの目的であり、
私の行動理念であります。

皆さんの豊かな人生を願っています。
image (1) image

デイサービスセンター訪問レッスン時

90歳以上の方がほとんど
でも、ダンスは出来ます。

 

ブレリズム認定講師 SATOSHI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る